水漏れ修理と原因を解説

蛇口の水漏れトラブルの修理は自分でもできる

水まわりのトラブルでよくあるのが、蛇口からの水漏れです。

特に使う機会の多いキッチンなどでよく起きます。蛇口からの水漏れトラブルの原因は、ほとんどが部品の経年劣化が原因です。パッキンやバルブカートリッジが劣化してしまうので、修理をするにはそれらの経年劣化してしまった部品を交換する必要があります。部品の劣化は、だいたい10年くらいで起こってくるとされているので、新築で家を建てて10年くらい経っていたら、そろそろ部品の寿命が来たのだと考えていいかもしれません。

中古住宅や賃貸アパートなどだと、どれくらいの期間が経っているのか分からないですから、入居する前に大家さんや不動産屋に、最後に修理した年月日などを聞いておくといいでしょう。とにかく水漏れトラブルはさっさと修理するのが賢明です。放置しておくと、水道代が余計にかかってもったいないです。蛇口の水漏れトラブルの修理は、自分でもやることは可能です。ホームセンターなどに行って部品を購入してきて交換すれば直せます。

シングルレバーの場合は、たいていバルブカートリッジの劣化が原因ですし、ハンドル型の場合は、たいていパッキンが劣化しているので、そこを交換してやればOKです。ただ、まったくの素人が交換をするとなると、どうしていいのか分からずに色々と苦労することになるかもしれません。自分の知識・技術に自信がないなら、素直にプロの修理会社に頼みましょう。一度プロの技を見ておくと、次からは自分でもできるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *