水漏れ修理と原因を解説

京都で蛇口の水漏れ修理をしたい時には

家の水回りには様々な蛇口が設置されていますが、使用し続けているうちに、どうしても不具合が起こり始めます。特にキッチンやお風呂場といった日常生活で使用頻度の高い設備では、水漏れをはじめとした蛇口のトラブルが目立ちます。これは京都の家庭でも例外ではありません。水栓のハンドルレバーを閉めてもポタポタと水が止まらない、蛇口以外の台座や壁との接続部からチョロチョロと水が漏れ出てしまう等、京都でも様々なケースが報告されています。

また水漏れ以外にも、ハンドルレバーが固くて操作しにくい、ハンドルレバーを開閉するたびに甲高い異音が発生するなど、トラブルのケースも多岐にわたります。いずれにしても、そのまま放置するのは好ましくありません。サビや水垢あるいは水道水のミネラル成分などで腐食が進み、水栓の本体や給水管まで傷めてしまうからです。それどころか床や壁などの建材にも、ダメージを及ぼしかねません。

水栓や蛇口のトラブルのほとんどが、パーツ類の経年劣化に原因があります。耐用年数の10年を過ぎれば、パーツ類にも何らかの異変が起こり始め、そこから水漏れも発生します。修理ではパーツ類の交換が中心ですが、症状が深刻であれば、水栓や給水管を丸ごと交換すべきケースもあります。またパーツ類の交換であっても、古いタイプの水栓であれば、交換パーツの取り寄せが困難になることも考えられます。

このように素人の方では難しいケースもあるため、修理を希望するならば、最初から京都にある地元の水道メンテナンス会社へ依頼する方が無難でしょう。京都の蛇口から水漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *