水漏れ修理と原因を解説

京都で蛇口の水漏れ修理なら地元の会社へ依頼しよう

家の水回りの水栓も、耐用年数の10年に近づく頃になると、様々なトラブルが現れ始めます。例えばハンドルレバーを閉めても蛇口からポタポタと水漏れするといったケースなどは典型的。その他にもハンドルレバーが固くて動かしにくい、ハンドルを回すたびに甲高い異音が発生する、水栓全体がグラグラしている等、京都の家庭でも様々なケースが報告されています。このようなトラブルでは幾つもの原因がありますが、最も目立つのが部品の経年劣化です。

例えばシングルレバー混合水栓の蛇口先やハンドル付近から水漏れするなら、コマパッキンやカートリッジの劣化が推測されます。また水栓の台座や壁との接続部から水漏れするなら、パッキンの劣化の他にも、ナットやボルトのゆるみを考える必要があるでしょう。いずれにしても速やかな修理が求められます。そのまま放置すれば、サビや水垢あるいは水道水のミネラル成分等で腐食が進み、やがて水栓本体が使用できなくなることもあり得ます。

経年劣化した部品の修理は、交換作業になるのが一般的。素人の方でも不可能ではありませんが、蛇口の分解から組立まで比較的複雑な工程を覚える必要があります。また旧式の水栓であると、パーツの生産が中止されていることもあり、取り寄せが難しいケースも見られます。さらにサビや劣化が酷いと、水栓だけでなく周囲の水道設備や建材まで、設備の取替やリフォームが必要になるケースもあります。

したがって京都の方で蛇口の水漏れ修理を考えているなら、最初から地元の京都で信頼できる、水道メンテナンス会社へ依頼する方がベターでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *