水漏れ修理と原因を解説

京都でお台所の蛇口の水漏れで悩んだら

日々の調理や洗いをするお台所は、家の水回りでも何かとトラブルが起きやすい設備として知られます。利用頻度が高い分だけ、設備の劣化や故障が発生しやすいからです。京都の家庭でも蛇口の水漏れをはじめとした、お台所でのトラブルで悩んでいるケースが数多く見られます。ハンドルレバーを閉めても蛇口からポタポタと水漏れする、水栓の台座や壁との接続部といった、蛇口とは無関係な部位からチョロチョロと水が漏れ出す等、京都でも様々なケースが報告されています。

このような水漏れの原因には色々ありますが、最も代表的なものが部品の経年劣化です。水栓の耐用年数である約10年に近づく頃になると、各種の部品に何らかの異常が目立ち始め、そこから水漏れが始まります。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバー付近から水が漏れ出したら、コマパッキンやカートリッジの劣化が考えられます。また台座や壁との接続部から水が漏れるなら、パッキンの変形や亀裂の他、コーキング材の剥がれ、あるいはナットやボルトのゆるみが推測されます。

このようなケースの修理では、経年劣化した部品は交換が基本です。またナットやボルトのゆるみは家庭にある工具類で締め直し、コーキング材の剥がれなら市販のもので対応できます。ただし旧式の水栓では交換部品の入手に時間がかかるタイプもあります。また劣化の進行が深刻であれば、水栓本体だけでなく、シンクや給水管まで交換する必要も生じます。

したがって少しでも自分では無理だと感じたら、躊躇することなく、京都の地元で信頼できる水道修理会社へ相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *