水漏れ修理と原因を解説

京都での蛇口からの水漏れの修理方法や原因

京都で蛇口から水漏れが起きているときは、普段から修理などをしているなら自分で直そうと思う人も少なくありません。修理といっても劣化した部品交換や、パッキンやカートリッジなど細かいパーツ交換、場合によっては水栓本体を全て取り替えたりと色々です。主な修理方法だと劣化した部品交換・パッキンやカートリッジ交換・本体を交換します。水漏れが起きている蛇口を京都で修理する場合、部品破損なら代替え品が用意出来て本体を取り外してから新しい部品へ交換出来るなら修理は可能です。

ただ、錆びついていて取り外せないときや、どんな部品が必要かわからない場合、本体以外の部分も劣化や破損をしているときは、作業に慣れてないと難しいです。初めてでも比較的簡単に出来る場合もありますが、自信がない時や少しでも無理だと感じたら、京都の蛇口の水漏れの修理業者へ依頼したほうがいいです。例えば、キッチンで多いシングルレバータイプからの漏れだと、主にバルブカートリッジ劣化や故障などが原因なことが多いです。バルブカートリッジは水温調整を行っていて、このタイプの混合水栓の胴体部分に入ってます。

混合水栓の根本部分やレバーのつなぎ目から漏れているときは、バルブカートリッジが原因な可能性があります。ただ、必ずこれが原因とは限らず、パッキンの劣化や取り付けが緩くなっていても起きます。ハンドル捻って出すタイプは、多いのはハンドル部分のゴムパッキン劣化です。シングルレバータイプより構造は比較的単純で初心者でもパッキン交換はしやすいです。

水栓がぐらつくときはパッキンでなくて別に原因が考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *