水漏れ修理と原因を解説

京都の蛇口のタイプによる水漏れ

京都で蛇口からの水漏れが起きる場合、水栓のタイプによって原因が異なってきます。洗面所だとおもに2つあってシングルレバーの混合水栓だと、水が出る吐水口とレバーが分かれているセパレートタイプ、レバーと吐水口が一体型になっているものがあります。どちらでもレバーや根元からの漏れだとバルブカートリッジが原因なことが殆どです。これ以外にもパッキン劣化や接続が緩くなっていることもあり、シャワーヘッドが付いているタイプだとヘッドの内部のパッキン劣化で起きていたりします。

古い家が京都には多いですが、この場合水漏れが起きそうな蛇口だとハンドルタイプが多いです。このタイプはゴムパッキンの経年劣化が原因なことが多いです。浴室だと浴槽の縁などに取り付けられている台付きと、壁に穴を空けて取り付ける壁付きタイプです。どちらもシャワーが付く場合と吐水口のみの部分があります。

台付きだとシャワーが一緒についている場合と、レバーだけが付いている・ハンドルだけの3種類があり、付け根部分やシャワーホースの根本からの漏れだとナットの緩みやパッキン劣化が大体の原因です。浴槽とは別に壁に取り付けられているタイプが壁付きで、台付きと同じくレバーやハンドルだけ、シャワーが一緒にとりつけられていたりします。これも根本部分やシャワーホースの接続部から漏れているなら、ナットの緩みやパッキン劣化が主な原因です。京都での蛇口からの水漏れだと、大体はナットの緩みやパッキン劣化が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *